HOME > Blog

Blog

リノベの価値

築30年のRC造の建物を購入してリノベーションを考えているお客さんを連れて、

現在リノベ真っ最中の築50年ぐらいの物件と、

リノベして活用中の築60年ぐらいの物件を

参考に見てもらった。




活用されている方とお客さんの会話。

「築何年の物件ですか?」

「30年です」

「最新じゃないですかぁぁぁ!!」




宝物と見るかどうかは人次第なんだな。



IMG_8879.jpg


韓国

2月26日から3月1日まで韓国。

約20年ぶりの韓国。

20年も経つとやっぱり大きく変わっている気がする。

ますます、古いものと新しいものが混在して、

ソウルの溢れるパワーに圧倒されまくりでした。




1日目

先に韓国入りしている常葉大学の土屋先生と

帰国中のミンジ先生と合流し

一緒に食事。

韓国式スープ餃子、チジミ、ビール、マッコリ・・・

最高です。




2日目

土屋先生とソウルから電車で1時間40分ほどの

禮山(イエサン)という街にある中村與資平設計の建物を見に。

中村與資平は明治から昭和にかけて活躍した建築家で、

静岡市役所本館や静岡県庁本館の設計者。

IMG_4604.jpg

IMG_4630.jpg

夜、ソウルに戻り、

焼肉食べて、土屋先生とはここでお別れ。




3日目

単独で前から行きたかった

屏山(ビョンサン)書院と河回(ハフェ)村へ。

ソウルからバスで3時間ほどの安東(アンドン)という街から、

目的地はさらにタクシーで30分ほどのところ。

IMG_5216.jpg

IMG_5219.jpg

来てよかった。

とても気持ちがいい場所。

IMG_5480.jpg

IMG_5420.jpg

IMG_5510.jpg

IMG_5532.jpg

ソウルに戻ったのは夜9時ころ。

東大門近くのザハ設計の建物も見たくて行ってみる。

IMG_5820.jpg

闇夜に浮かぶその建物、かっこいい!

昼間の姿も見てみたかった・・・。

そして幻の新国立競技場も・・・。




4日目

早朝しか時間がなかったが、

土屋先生に教えてもらった古い町並みが残るあたりを散策。

狭い路地を気の向くまま歩く。

突き当りだったり、元の場所に戻ったり、

迷路のような路地をさまよう。


IMG_5911.jpg

韓国、楽しい。

よし。また行こう。


縄文と弥生ふたたび

私、ただいま縄文と弥生が同時進行中です。



明日20日(火)から25日(日)まで、

富士宮の大鹿窪遺跡(縄文草創期の遺跡)近くの三澤寺さんで、

『縄文DNA展』という美術展が開催されます。

「縄文」というひとつのテーマを

いろんな方々がいろんな切口で表現してます。

本日搬入に行ってきましたが、

いろんな解釈があっておもしろいです。

静かな雰囲気のお寺に不思議な世界が広がってます。

富士の山ビエンナーレも今週末まで開催されてますので、

ついでにこちらのほうまで足運んでみてください。


https://www.gurutto-fujinomiya.com/event/255/




で、今週末24日(土)と25日(日)は、

登呂遺跡にて、いよいよ小屋づくりいたします。

自分たちで田植えして稲育ててきましたが、

その稲藁で藁葺の小屋つくります。

今年度のアートロの大イベントなのです。

神戸の茅葺職人の相良さん再び登場なのです。

うまくできるといいなぁ。

そんなわけで、縄文と弥生が同時進行しております。



写真は『縄文DNA展』に向けて製作途中の「縄文神殿」。

IMG_1352.jpg


ARTORO 『稲刈り』

ARTOROでの活動は毎回あたり前のことを気づかせてもらえる。

普段目にしていることも自分の身体を通すと疑問ばかりで新鮮に見えてくる。

ARTOROの活動自体、

「自分たちでできることは自分たちで」

「身体で考える」

「今を豊かに生きる知恵を過去から学ぶ」

・・・といった姿勢なので、

毎回貴重な経験をさせてもらっている。



IMG_0520.jpg


 

日曜日におこなった稲刈の時もそう。

「稲は生きている」

「1本1本の個体の成長に差がある」

「稲穂は常に鳥に狙われている」

「たった1本の苗がこんなに大きくなる」等々、

当たり前のことも、

普段精米された白い米しか目にせず、

コンバインでガーっと収穫される様だけを見ている自分たちは忘れてしまっている。

わかっている気になっているだけなんだな。




IMG_0552.jpg



参加者が来る前に今日はどう進めようかと田んぼを眺めてみると、

違種はもちろんのこと、同種でも成長に差があることに気づかされる。

ARTOROでは種もみから苗を育てるのは各自にやってもらっているので、

特に成長の差が激しい。

果物でも野菜でも同時に種を植えたから同時に実がなり、

まったく同じように成長するなんてありえない。

米も同じはず。

ぼくらは勝手に、

実が小さいからなのかまったく同じ成育になっていると勘違いしているだけじゃないのか?

通常一気に刈取ってしまうのは、

効率重視という点だけじゃないのか?

ARTOROの田んぼは、

今すぐ収穫すべきものもあればまだのものと不揃いも甚だしい。

(まぁ、ARTOROの姿そのものでもある気もするが・・・?)

これでは一気に鎌で刈取ってしまうことは難しいので、

今回は収穫できるものだけを収穫する穂刈で進めることにする。




収穫のタイミングは人間だけでなくスズメも狙っている。

人間側は休日に収穫を計画するが、スズメは関係ない。

食べれるものから食べるだけ。

なかなかのハンターである。

きっと弥生時代も収穫はスズメとの競争だっただろうし、

今よりもった競争が激しかったと思うと、

収穫できるものから収穫する穂刈りは結構理にかなっているのかもしれない。




稲を育てるというのは、

ジャンボタニシにスズメ、

仲良く共存させてくれない生きものは結構多いのである。

ぼくらの主食のお米って、育てるだけでも結構手間かかるのね。




IMG_0521.jpg



ARTOROが借りてる田んぼのすぐそばの木に鳥の巣発見。

前回の鳥の巣研究家の鈴木まもるさんの講座の直後なだけに、

ちょっとうれしい。

まもるさん効果なのか、

みんな鳥の巣の発見力がするどい。

話はそれるが、

僕は以前火の見櫓の調査をやっていたことがあり、

今でも火の見櫓の発見力はおそろしくするどいです。



IMG_0648.jpg



登呂博物館の入口近くの木にはカラスの巣も。

今までまったく見つけることなんかできなかったのに、

見え始めるといろいろ見えてくるものなのですね。




IMG_0535.jpg



登呂は水が豊富で地下水もバンバン湧いているので、

稲刈りのこの時期でも田んぼは水で満たされていてなんか不思議。

泥だらけになりながらの収穫、新感覚です。

穂刈りで使う道具は手で握れる程度の小さな石包丁!

きっとあんまり効果がわからなくて使わなくなるんじゃないかと思ったが、

意外にもものすごく使いやすく便利。

石包丁ナメタライカンです。

収穫した穂を手で持って、束ねていくことを考えると、

切る位置は穂の下から5cmぐらいのとこ。

穂刈りは地道な作業だけど、全く苦にならない。

収穫していく穂が自分の手の中で束になるのも

ありがたみが直に伝わってくる感じがするのも理由の一つ。

ある程度の量になったらその辺の雑草で縛ってまとめる。

この束ねた感じも小さくてかわいらしくて何とも言えない温かみがある。

穂刈りって素敵。

その昔、年貢でお米を納めるとき、

米粒ではなく、稲穂を束にしたものを納めていたそう。

穂刈りをしてみて、なんかその意味がわかる気がする。




IMG_0564.jpg



IMG_0619.jpg



IMG_0592.jpg




IMG_0563.jpg

博物館からは復元された木鎌もお借りしたが、

残念ながら今回は活躍の場はなし。

今度改めて試してみたいと思う。

はじめて木鎌を見たが、

この当時からすでに鎌としての形が出来上がっているのもおもしろい。




IMG_0603.jpg



IMG_0613.jpg



収穫した穂は各自持ち帰り、

乾燥させて脱穀してくるとこまで宿題。

わかっちゃいるけど、

お米ってとってすぐ食べれないのですね。

収穫したその場で口に入れて「うまーい!」ってできないんですね。

籾摺りまでやっても精米もしないといけないのですね。

何と手間のかかる食べ物!

ARTOROで、あたり前のこと気づかせてもらってます。




乾燥の目安として、

「米粒を剥いて噛んで頭がツーンとしたらOK」と教わったのですが、

このツーンがいまいちわかりません・・・。

これがわかるようになって、

気づきを増やすのがとりあえずの個人的な課題。

ARTORO、たぶんあたり前じゃないことも気づかせてもらえます。




IMG_0638.jpg



今回収穫できなかった分はまた改めて。

そして、稲藁部分はしっかり集めて、

いよいよ屋根材の材料の確保です。

次回11月の活動は、

神戸の茅葺職人の相良さんに再びお越しいただき、

茅葺実践編です!


リビングは必要か?

住宅の設計をしていて最近よく思うこと・・・

それは

リビングは本当に必要か?

ということ



一般にリビングは団らんの場であり住宅の中心に位置づけられる

でも、それはちょっと前の話

会話がなくても家族が同じ番組を見ていたり

テレビがリビングのメインアイテムだったり

たとえ子供室にテレビがあって

子どもが自室にこもるようになってしまっても

それはそれで

家族がバラバラであるということの確認にもつながった



今はテレビがメインアイテムとは言えない

リビングにテレビがあっても各自がスマホをいじっている

テレビが家族をつなげる中心的役割はもう果たしていない

そもそももうテレビをほとんど見ないという家もある

同じリビングに居ても

バラバラであることすら自覚(実感)できない状況にある



もうリビングを重視する必要はないのではないか?

家族をつなげる場はもうリビングにはないのではないか?



むしろダイニングを重視すべきじゃないかと思う

食事が家族をつなげる

これは昔も今も変わらない

そしてこれからも変わらない

家族をつなげるのはリビングではなくダイニングにある

家族をつなげるのはテレビではなく食にある

普遍的な「食」こそが住宅の核となる場であり

そのダイニングを充実させてあげることが大事なんじゃないかと思う



そんなことを考えていたら

昔の囲炉裏文化はかなりよい空間だったんだなと思えてきた

笹離宮

ひさしぶりに日帰りでちょっと遠出

長野県の諏訪方面へ

目的地は笹離宮

ここにある笹葺の竪穴住居を自分の目で見たくて行ってきた



1 IMG_0301.jpg

感想は・・・

すごくいい

とてもすごくいい


何がよかったかといえば

まず、笹の葉のもっそりとした茅葺にはないふっくら感

なんとなく丸みを帯びたフォルムがかわいらしい

入口にある土器もかわいらしい演出でやさしい雰囲気が漂う

7 IMG_0135.jpg

11 IMG_0129.jpg

そして一番よかったのが室内

今まで見てきた竪穴住居の中でもだんとつの居心地のよさ

ほど良い広さとほどよい高さ

竪穴住居には珍しく靴を脱いで入るのだが

それだけですごく気持ちよさがUP

靴を脱ぐから清潔感もある

12 IMG_0229.jpg

復元を目的とした建物ではないから基礎がRCであり

そのことも清潔な感じにつながっている 

床に敷かれた筵の質感もほどよく

足の裏を伝わる感触も心地よい

囲炉裏の前に胡坐をかいて座ると何時間でもそこに居れるような気もする



自分の仕事でも

手に触れるところはできるだけ質感を大事にしたいと思っているが

あー間違ってないなと思わせてくれる

床の重要性を再認識させてもらえた



笹離宮は全体もきれいで静かで落ち着いた雰囲気があり

とても心地よい場所だった

お気に入りの場所がまた一つ増えた

3 IMG_0078.jpg

4 IMG_0271.jpg

15 IMG_0196.jpg

Open door

先月静岡の流通センター内に新たな飲食店『Open door』がオープンしました

是非足をお運びください

おいしい料理と楽しいスタッフがお待ちしています

https://www.facebook.com/morisopendoor/

O18 IMG_8383.jpg

O15 IMG_8081.jpg

O17 IMG_8360.jpg

O16 IMG_8346.jpg

ARTORO 『土を耕す』

2018年度 ARTORO 第2回

『土を耕す。~ところで、土ってなんだ?』

IMG_8173.jpg


5月20日(日)、天気にも恵まれ無事開催。

今回のメインは「田起こし」。

来月の田植えに向けて、土を耕します。




まずは土をじっくり観察。

IMG_8202.jpg

IMG_8206.jpg

稲を育てる土のこと、

こんなに近くの足元にある土のこと、

なーんにも知らないのね、俺。

IMG_8210.jpg


この土で出来たという土器。

小さな小さな器なのに、

大地とのつながりがものすごーく心に響く。




今回使う道具(鍬)についてもお勉強。

古代も現代も形がほとんど変わってないのね。

IMG_8251.jpg

IMG_8256.jpg

ちょっとしたデザインの差にみられる地方色。

なぜその形なのか、

なぜその長さなのか、

道具の形ってやっぱり深く考えられている。




いざ田起こし開始!

IMG_8272.jpg

今回は博物館から借りてきた

文化財レベルの道具も使わせていただく。

贅沢な体験。


 

鉄の鍬で耕してみる。

ザックザックと掘り進める。

ちょっとぐらい固いところもザックザック。

無心で作業。

ザックザック。




木の鍬でも耕してみる。

ザッザッ。

木なので思った以上に浅い部分しか耕せない。

耕すと言ってよいのか疑問に思うほどの深さ。

でも、昔の土はもっとやわらかかんたんじゃないか?

ザッザッと掘るとたまに石にあたる。

手を止め石をどかす。

このひと手間も心の余裕につながっている?

土と向き合いながらザッザッと耕す。

おしゃべりしながらザッザッと耕す。



やってみないとわからなかった。

やってみた人じゃないと絶対わからないと思う。

木と鉄でこんなに違うのかと驚いた。

鉄の作業効率の良さにではない。



鉄は強い。

だから土を支配してしまう。

やさしさもない。

土と向き合おうともしなくなる。

ただただ無心で耕してしまう。




木の鍬で耕すと自然と土と向き合える。

自然と会話が生まれてくる。

心が優しく穏やかになる。

身体の動きも全く違う。

鉄には鉄のよさがある。

でも・・・。

ナンダコレハ?




以前道具のレクチャーしてくれた雨宮さんの言葉が

今ならものすごーくよくわかる。

http://artoro.jp/2018_01_21_series4/


木と鉄の道具の差、

これを体感できたことは、

なにかものすごーく大事なことを学んだような気がする。


土の中から出てきたドジョウたち。

きっと鉄の鍬は恐怖だっただろうね。
 

IMG_8278.jpg



変わったのは道具だけじゃない。

きっと土も変わってしまった。

道具と土、切り離して考えたらいけないんだよね。

みんなみんなつながっている。




知るって大事。

体験するって大事。

心地よい労働ありがとう。

今回もすごーくよい講座となりました。

IMG_8281.jpg

IMG_8308.jpg


次回はいよいよ田植えです。


静岡の飲食店

静岡にオープン予定の飲食店。
 
今日もせっせと塗装作業。

20180501201127-026b01e576134c886d8d4a69f759e0fe8f2ab3df.jpg

ちょっと障害のある子たちも一緒に塗り塗り。

彼らにもできる仕事はあるし、

彼らなりの役割は必ずある。

それを見つけてあげるのも大事なことだと思う。

こういう子たちの接客するお店、

失敗はあるかもしれないけど、

きっとほんわかした温かいお店になるんだろうな。

とりあえずオープンの日も決まったみたいだし、

出される料理も決まってきてるみたいだし、

おいしいものが出されるのは間違いないし、

もしかすると本格的なルーマニア料理

あの懐かしいママリガも食べれるかもしれないし、

楽しみだなぁ。

ARTORO2018 募集!

私が活動を続けているアートロですが、
 
2018度の募集を開始しておりますのでご案内させていただきます。


 
アートロとは、簡単に言ってしまえば、

衣食住のつながりを楽しく学びながら考えてみようという活動。

詳しくはこちら→ http://artoro.jp/archives/


 
今年度は農業体験と講座を組み合わせた連続講座となっております。

また、秋には身近な素材を使った簡単な住まいづくりにも挑戦いたします。

興味がありましたら、是非ご参加ください。



20180415204957-57b3227b87e6ea62c02c63218353a706c34d4566.jpg
 

【2018年度連続講座 “ひとつ屋根に暮らす” 】


◇説明会&種もみ配布

日 時  2018年4月22日(日)
    
 13時~16時(受付開始 12時半より)

場 所  登呂博物館 1階ホール

内 容  今年度の予定について

     苗の育て方について

     種もみ配布

講 師  宮田祐二さん(静岡県の農業技術研究者)

主 催  登呂会議


 

米、タネだった!ってわかってた??

田植え体験は全国各地よくあるけれど、

苗を種もみから自分で育てるところからやります。


 

アートロでは今まで土で土器をつくり、

稲を育て、

米を食べて、

稲藁で道具を作って来たけれど、

2018年度はさらに、

人間が発明した最たる道具、住まいの屋根に

この稲藁を使おうという計画なのです。

今年度のスケジュールはこんな感じ。


 

【2018年度スケジュール】

4月22日 「米、タネだった!」
     
講師:宮田祐二さん(静岡県の農業技術研究者)

5月20日 「土を耕す。〜ところで、土ってなんだ?」

     講師:宮田祐二さん

6月10日 「土で、稲を育てる。」

9月9日 「鳥の巣から学ぶ
     
〜足元にある素材から居住空間をつくる〜」
     
講師:鈴木まもるさん(鳥の巣研究家、画家、絵本作家)

10月中旬 収穫(台風などの影響により変更あり)
1
1月24・25日 「身体で測る、足元の素材で住まいを作る」

     講師:相楽育弥さん(かやぶき職人)

2月 「土で育った米を、土器で煮炊きして食べる。〜収穫祭〜」


 

登呂は弥生ですけど、

定住する前の縄文の住まいを作ってみます。

かやぶき職人の相良さんと2日かけて、

移動民のように家を作ります。

藁の結束の仕方も学べちゃいます。


 

いやいや、霊長類ヒト科の住まいの前に

鳥の巣からも学びます。

どう見ても人間が真似したとしか思えない鳥の巣。

でも、これ住まいじゃないって知ってました?


 

鳥の巣も、人の住まいも、

どちらにも言えることは、たぶん安心と安全。

自ら作って、その中で過ごしたら、

何をもって私たちは住まいとするのか?

そんなことがわかるかもしれません。


 

自分たちで言うのもなんですが、

かなりおもしろい連続講座になっていると思います。


 

【申込について】

・4/22の説明会のあと、参加申込していただいてもOK

 もちろん今すぐ申込していただいてもOK

・年間参加費は、21,000円(1家族)

 もちろん1人での参加もOK

 募集定員は20家族
 
定員に達し次第、締め切らせていただきます。

・お申込はメールにてお願いいたします。

 登呂会議 contact@artoro.jp

・メールには下記を記載してください。

 名前、住所、電話番号、メールアドレス
 
一緒に参加されるご家族がいればその方の名前、続柄

※年間通しての連続講座の申込となります


 

こちらのサイトから簡単に申込できます

http://artoro.jp/2018_orientation/



 

どうぞよろしくお願いします。


1234567

アーカイブ

このページのトップへ