HOME > Blog > 5ページ目

Blog 5ページ目

予算

仕事をしていて一番悩まされるのはやっぱり予算でしょうか・・・

その予算にできるだけ沿うようにこちらもあの手この手でがんばってみるのですが

予算が想像以上にないときは、本当に悩まされます

工務店もできるだけ希望に近づけれるように頑張ってはくれますが限度はあります

さて、もう少しいろいろ悩んでみたいと思います・・・



予算とは全く関係ないけれど、写真は昨日の清水港の様子

晴れていると伊豆半島と三保半島に抱かれているのがよくわかります

改めて「清水って水平線が見えないんだなぁ」と思いながらしばし休憩

IMG_7080.jpg



南極建築

「南極建築」という本がある



南極という極寒の中どう寒さから身を守るか

限られた空間の中いかに快適に過ごすか

人手も機械もわずかしかない中どのように建設するのか



この本を読むと

いろんな条件が厳しいほど建築っておもしろく感じる



時代を追うごとに進化する様子や

国による基地の違いなんかもあって

なかなか興味深い一冊でした

IMG_6972.jpg

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

今年も10日ほど過ぎ、ようやく仕事も本格始動してきた感じです

昨年はバタバタしすぎていたので

今年はもう少し段取りよくやっていきたいと思っています

設計の仕事では、できるだけ静かな余韻が残る空間を目指したいと思っています

本年もどうぞよろしくお願いいたします

20170111095213-86f267286c462b29f938b7a4fe5ae5b46292d730.jpg

本年もありがとうございました

本年もぎりぎりまで仕事

毎年のことながら

切りのいいところまでは・・・と思うと

どうしてもこうなってしまう

来年はもう少し段取りよく進めていきたいと思います

本年もありがとうございました

来年もよろしくお願いいたします

みなさまどうぞよい年をお迎えください

ユネスコ 未来遺産 認定!

『火の見櫓からまちづくりを考える会』に参加して十数年。

継続は力なりということで、

この度、我々の活動が、

ユネスコの未来遺産に認定されました。



未来遺産とは、地域の豊かな自然や文化を100年後の子どもたちに残すために、

地域の市民団体が取り組む活動に対してユネスコが認定したもの。

www.unesco.or.jp/mirai/news/2016/9561620000012.html

それに我々の活動が認められました。

とてもうれしいですねー。



火の見櫓は、今は不要なものとして壊されつつあるものだけど、

地域のコミュニティを表現している建造物としてみると、

結構おもしろいものなのですよ。

三保松原学シンポジウム

20161104133736-f01a5385dc8b5881b00f283155b9daf5fb003a9f.jpg

11月5日(土) PM6:30~

清水駅東口目の前にあるマリナートにて、

東京藝術大学の工藤晴也先生の講演と

静岡県立美術館学芸員の泰井良さんと工藤先生の

トークディスカッションが開催されます。

三保松原に関する深くて楽しい話が聞けると思います。

申込不要・入場無料ですので、

興味のある方は是非どうぞ。

質感と形

質感にすごく魅かれた。

形にもすごく魅かれた。

松永圭太さんの陶器の作品。

IMG_5029.jpg


チラシの写真を見て、すごく見たいと思い、

展示が行われている岐阜まで見に行った。

作品は予想よりも大きく、両手で抱えて持たなければならないぐらいの大きさがあった。

その大きさのため、かなりの迫力があり、

細かな質感をじっくり感じることができた。

じーっと眺める。

台地から生まれてきたような感じが心地よかった。
 

久保田一竹美術館

山梨県河口湖の近くにある久保田一竹美術館。

前々から一度行ってみたいなぁと思っていた場所の一つである。

先日、よし行こう!と思い立ち行ってきました。

見たかったのは久保田一竹の「辻が花染」。

「辻が花染」自体がどんなものなのかも理解していないのだが、

雑誌で紹介されているのを見て、

あーきれいだなぁとその細かなデザインに強く魅かれ、

一度実際に見てみたいと思っていたのでした。

実物は想像以上に細かく、そして迫力があり、

出来上がるまでの手間の重みが強い美しさを生み出していました。

建物も魅力的で、特に本館の太いヒバの木の架構に圧倒されてしまいました。

応接室として使われていたという部屋からは、

庭が目の前に広がりとても良い雰囲気。

庭も散策できて、心地よい時間が流れていました。

入口の門から本館までのアプローチもわくわくするような感じで楽しかったです。

IMG_4824.jpg

IMG_4811.jpg



新館はまるでガウディのグエル公園。

ここまで似せると潔さを感じます。

IMG_4802.jpg





その後、山梨県立富士山世界遺産センターにも寄ってみました。

シンプルで清潔感あってさわやかな展示がとてもよかったです。

光でいろいろな表情を見せる富士山のディスプレイもきれいでした。

IMG_4886.jpg

IMG_4933.jpg

展示の見せ方に工夫があって、いろいろ勉強になります。

今度はもう少し時間の余裕をもって見に来たいと思います。

AuthaGraph

AuthaGraphという新しい世界地図がある。

小学校か中学校のとき、メルカトル図法やモルワイデ図法、正距方位図法なんてのを学んだ。

そして、世界地図は、面積や方位、距離すべてを一つの図で正確に表すことはできないと教えられた。

だから目的に合った世界地図を選択しなければならないと・・・。

そんなのは嘘だった。

この新しい世界地図 「AuthaGraph」 は、それらをすべてクリアしてしまっているのだ。

16G141127_01_880x660.jpg

しかも、面積や距離や方位にゆがみがないから、

地図を無限につなげることもできる。

16G141127_02_880x660.jpg

とてもおもしろい世界地図である。

この世界地図が今年の GOODDESIGN賞 の対象候補に挙げられていて、

ネットでもちょっと話題になっている。



これを考え出したのは鳴川肇さん。

大学時代の同じ研究室の先輩であり、いろいろお世話になった人である。

こんなすごい世界地図を考えた人と、

ほんの一時期でも一緒の時間を過ごせたことがすごくうれしい。

大賞採れることを願ってます!

コルドバのメスキータ

スペインのコルドバという街に「メスキータ」という

キリスト教とイスラム教が同居する珍しい建物がある。

この建物の広い内部には何本もの柱が立ち並んでおり、

赤と白の2重のアーチがさらに強い印象を与えている。

2img_1620.jpg

柱に使われている石はローマ時代の遺構も多く、

あるスペースではいろいろなデザインの石柱が混在している。

柱頭や柱脚のデザインだけでなく、

太さも違ったりする。

同じデザインの柱で構成されたスペースもあるが、

どちらが魅力ある空間かと言えば、

やっぱり混在している空間のほうが、

ずば抜けて魅力を増している。

一見同じようなデザインの柱に見えるが、

デザインや太さがよーく見ると違っているという程度が

実にいい味を出している。

この微妙な差異が奥行きに深みを与えている。

どうしても赤と白のアーチに目が行ってしまうが、

この空間の魅力には、

この微妙な差異が働いているのを、

今日手にした本の写真を見ながら気づかされた。





ちぇっ、むかーし観に行ったとき、

もっと気にして見ておけばよかった。。。

<<前のページへ1234567

アーカイブ

このページのトップへ